-林業用防護服-

日本で企画され日本の環境・日本人の体格にもっとも適した
製品づくりをテーマに開発した林業関連製品

『日本の急峻な尾根が連なる特殊な山々。寒暖・乾燥多湿の変化が激しい列島環境。あらゆる条件下において最大限のパフォーマンスを発揮するための製品を開発する。』
それが「杣(ソマ)」ブランドです。過酷な条件を少しでも快適にする防護服か防護アイテム、山林用器材、アクセサリーなど多数のアイテムを開発していきます。

2019年8月より、林業従事者に限らず造園業・建設土木でのチェーンソー防護ズボンまたはチェーンソーチャップスの着用が義務化されました。
(厚生労働省 省令「チェーンソー防護ズボンの義務化」)

防護ズボンについてはJIS T8125-2「手持ちチェーンソー使用者のための防護服 第2部:脚部防護服の試験方法及び要求性能」を引用しているが、チャップスについても同等の性能が要求されることは当然であること。なお、ISO規格、EN規格、ASTM規格及びAS/NZS規格に定める防護性能については、JIS規格とほぼ同等と考えられるため、これらの規格に定める防護性能を有する製品を使用する場合はガイドラインに適合するものと認められること。
※JISHA 中央労働災害防止協会 安全衛生情報センター
「チェンソーによる伐木等作業の安全に関するガイドライン」の留意事項 項目4を引用

杣の防護服は欧州規格EN381-5を取得しています。
CLASS1と記載のある規格は、20m/sまでのチェンスピードを防護する規格です。
いろんな防護ズボンの中から、自分自身にあったものを是非探してみて下さい。

日本人の体格に合わせて作られた防護服はSサイズからLLサイズまで幅広くサイズを取り揃えています。
在庫情報などを知りたい方はお問い合わせよりご連絡下さい。